スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

-トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
RPG

Shadowrun Returns

returns1.jpg

サイバーパンクRPG。結論から言うと面白かったです。魔法+サイバーパンクという世界観も魅力的だし、洋物RPGでネックになる膨大な英語の文章という問題が、日本語訳によって解消されている点も大きいです。原文は見ていませんが、この世界独特の用語やらおかしな言い回しがあり(何より量が多い)、英語のままだったら大変だったと思います。

Shadowrun Returnsの日本語化ファイルはディスオナード日本語化計画から。

日本語化手順は徒然なるままに、その日暮らしから(Returnsのみで日本語化できる方法です)。

returns2.jpg

物語は友人サムの遺言から始まります。これから自分を殺す犯人を見つけてくれとの言葉通り、遺言後にサムは何者かに殺害され、臓器を抜き取られた状態で発見。更に他にも同じように殺された死体があり、誰が何のためにサムを殺したのか、調査を進めていくうちに様々な出来事に巻き込まれ…という話。後半になると「やっぱりそうなるか」という展開が待っていますが、単なる殺人事件が壮大な話になっていく過程は、続きが気になり引き込まれました。ただ、オチといい、敵の正体といい、結局「駄目男に振り回された女たち」の話だと思うと、しょぼく感じなくもないですが…主人公を女性にしていると、特に。

returns3.jpg
主人公は性別・種族・容姿・職業を選択可能。

種族は各職業の得意不得意(伸ばせる限界値)に影響します。種族エルフは職業「シャーマン」スキルを最大まで伸ばせますが、体力や武器スキルにも多少はポイントを割り振らなければいけない関係上、最大値まで伸ばすのは難しいでしょう。シャーマンは精霊(アイテムまたはフィールド上の召喚スポット)召喚して戦わせることができますが、精霊は毎ターン確率で離脱する可能性が生じます。確率はシャーマンのスキル・精霊のレベル・経過ターン数・残り体力や召喚主との距離も影響すると思われます。一人で二人分の戦力を担えるのでお得な職業ですが、シャーマン自体はストーリーの早い段階で格安で加入してくれるNPCがいるので、主人公は別の職業を選んだ方がいいかもしれません。

returns4.jpg

戦闘はオーソドックスなストラテジー方式。武器(近接・銃器)と能力(魔法・召喚・ハッキング)を組み合わせて多彩な攻撃を楽しめます。難易度的には易しい方で、ハードでプレイしてもきついと感じたことはなかったので(何度か事故死はしましたが)、敵が強くて先に進めないということもなく、安心してストーリーを楽しめます。このゲームは主人公が死ぬとゲームオーバーなので、魔法型であっても銃器スキルはある程度伸ばしておくと、被弾の危険を防ぎつつ安定して活躍できます。攻撃スペルが多いメイジと違い、シャーマンは精霊召喚や味方の補助・敵の妨害と見た目は地味ながら取れる手段は多く、戦況のコントロールをしやすい職業なので、使っていて楽しめました。

あと、評価が分かれそうなのは戦闘に連れて行く仲間が、基本的に傭兵のみということでしょうか。ストーリー進行で一時的に加入する何人か(しかし用が済んだら離脱する)を除くと、戦闘ステージ突入前に傭兵を選ぶ形になるので、仲間と戦うという感じではなく、あくまで主人公が個人的にサムのために行動しているという点が強調されています。傭兵は装備もスキルも固定で、完全な使い捨て要員です。まあ、戦闘の難易度自体が低目だし、最終ステージで加入するピエロ+ドラッグクイーンみたいなキャラが強いので、攻略上は問題にならないでしょう。

returns5.jpg

欠点はリプレイ性が低いこと。ストーリーは完全な一本道で、最後の選択肢以外は特に分岐もなく、戦闘も仲間の入れ替えを駆使して全職業を使えるので、二周目以降をプレイする理由がありません。しかし逆に言えば、出し惜しみせず、やりこみ要素でごまかさずに一つの作品を作り上げたということです。最近は多いですからね。RPGでクラフト要素とか、○種類のストーリー分岐とかマップ全拠点征服とか。そういう盛り沢山な大作も好きではあるんですが、そんなに色々要らないよと思うこともあります。今作は全体的な完成度が高く、各要素も上手くバランスが取られているので、だれることなく安心して楽しむことができるでしょう。
Tag: _SF

0コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Karevik

Author:Karevik

最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。